良いものを世界から。 世界中から厳選した3Dプリンタやフィラメント素材を取り扱っております。

#keywords。

2019-09-12

Headway Aska Team Build 2019 HOM-115 DBI 新品
[ヘッドウェイ][飛鳥チームビルド][Natural,ナチュラル][Acoustic Guitar,アコギ,アコースティックギター,Folk Guitar,フォークギター][HOM115]
1977年創業、80年代の大きな工場火災を経て復活を遂げたヘッドウェイギターズ。
創業当時からブランドに携わる現マスタービルダーの百瀬恭夫氏の理念のもと、超少数生産体制ながら質の高い楽器を作り続け、今や国内最高峰との呼び声高い老舗国産メーカーです。

百瀬恭夫氏の元で10年以上の指導を受け、ヘッドウェイ飛鳥工場の中でも生え抜きとされる熟練職人集団、飛鳥チーム。
その僅か10名にも満たない少数精鋭チームで製作され、ヘッドウェイの代表シリーズともなっているのがAska Team Build(ATB)シリーズです。
全モデルにジョイント強度が強く鳴りを高める「アリ溝ジョイント」と、ネックとボディをそれぞれ塗装してからの接合となる「後仕込み製法」を採用し、国内最高峰と謳われるに相応しい高いクオリティにて製作されます。

『イヤーモデル』と題し、その年その年でのヘッドウェイ飛鳥チームでの技術、特別木材を使用し、基本モデルにはない贅沢なクオリティを体感できる当シリーズ。

2009年の登場からちょうど10年の2019年モデルは、なんと全く新しいボディスタイルという試みでの登場です。
HOM/DBサイズは、ドレットノートサイズと000サイズの中間とも言えるボディスタイル。
トリプルオー/OMスタイルボディとサイズの横幅を持ちながら、やや厚みのあるディープボディ仕様。
イヤーモデルにだけ採用される648mmのロングスケールネックを組みあわせ、今までにない絶妙なサウンドバランス、プレイアビリティを実現しました。
ドレットノートより抱えやすく、000よりも重厚感ある絶妙なサウンドバランスを実現しました。

限定イヤーモデルだけに採用されている木材も贅沢。ボディトップ材にはなんと製材より50年以上経過したというヴィンテージ・レッドスプルースを採用。
ヴァージョン1の本器はサイド&バックに「ハカランダに最も近い特性を持つ」とされるマダガスカルローズウッドを採用。
ホンジュラスマホガニーの1ピースネックの組み合わせで、正統派な豪華スペックとなりました。
スケール、ボディスタイルとのバランスを見て、ブレイシングにも今作オリジナルとなるセミリアシフトXタイプを採用。
重厚かつジューシーな倍音、芯がありながらも良く響くリバーブ感をご堪能頂けます。


限定24本のうち、セミプロトとして最初に製作され、メーカーサイトにも掲載された個体を当店ギタープラネットが入手!
素晴らしいサウンドバランスのヘッドウェイ飛鳥チームの新次元を是非ご体感ください。



【Spec】
Body Top : "Dead Stock" Red Spruce
Body Side&Back : Madasascar Rosewood
Neck : Honduras Mahogany 1P
Finger Board : Ebony
Bridge : Ebony
Bracing : Semi Advanced Rear Shifted X (Adirondack Spruce)
Scalloped at Bracing : Scalloped
Scale : 648mm
Machine Heads : GOTOH/SXB-510V 06M GG
Width at Nut : 43mm
Finish : Thin Urethane

付属品: 純正ハードケース、正規保証書

お問い合わせフリーダイヤル:0120-37-9630


 
価格
336,000円 (税込362,880 円)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で対象エリア外へのご注文は、毎日15:00までのご注文で翌日の配達となります(あす楽)
1〜2日以内に発送予定(店舗休業日を除く)
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く